PukiWiki用URL短縮ライブラリ対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン

  • 2022.04.09
PukiWiki用URL短縮ライブラリ対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン
Pocket

¥550 (税込)

URL短縮対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン Ver1.1.0

オンラインサロンPukiWiki開発基本会員以上の場合は、いつでも最新版がダウンロード可能です。

 

説明

  • 正式公開版です(PukiWiki1.5.3 UTF-8版で動作確認済)
  • 本プラグインは次のファイルで構成されています
    • imageフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • spacer.png:imgタグ用ダミー画像(画像遅延読み込みのためのスペーサー画像)
    • resize_cacheフォルダPukiWikiのルートにこのフォルダを作成する(resize_imageプラグイン用のキャッシュフォルダで中身はない)
    • skinフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • lazysizes.min.js:画像遅延読み込みを実現するJavaScript(GitHub aFarKas/lazysizes
    • pluginフォルダPukiWikiの当該フォルダにファイル内容をコピーする
      • ref.inc.phpPukiWiki標準refプラグインに画像遅延読み込みと画像リサイズ処理を組み込んで改造したプラグイン
      • resize_image.inc.php:画像リサイズプラグイン
  • 本プラグイン一式を導入することで、次の効果が得られます
    • 添付画像を変更することなくページ表示上の画像を適度にリサイズ(画像・容量)することで、複数画像があるページの通信トラフィックを軽減できる
    • PukiWiki標準refプラグインでの画像リンクは今まで通りリサイズされていない元の添付画像となる
    • 複数画像があるページの画像遅延読み込みが可能(ページ表示の体感速度アップ)
    • resize_imageプラグインで作成したリサイズ画像(デフォルトでWebP品質値70)はresize_cashフォルダに自動でキャッシュされる
    • プラグイン一式の導入のみで既存ページの修正は一切なし(refプラグインが画像遅延読み込み用imgタグを自動で生成し、resize_imageプラグインを自動で呼び出す仕組みのため)
  • resize_imageプラグインを単体のインライン・プラグインとして利用することも可能です
  • ダジャレンジャー版設定ファイルの設定を変更することで、resize_imageプラグインを利用せずに画像遅延読み込みだけを利用することも可能です
  • 本プラグインの導入には、次のモジュールの導入が前提となります
  • Ver1.1.0からPukiWiki用PDFビューアプラグインに対応したため、従来refプラグインでページに表示していたPDFファイルは、自動的にPDFビューアプラグインで表示されます(プラグインの導入または入れ替えのみで既存ページの修正は一切必要ありません
  • 詳細と動作サンプルは、PukiWiki改造普及活用計画の「URL短縮対応画像遅延読込・画像リサイズプラグイン」ページを参照して下さい
  • 設置に関しては本サイトの記事「SEOとページ表示速度の関係とは?画像WebP化&遅延読込で高速化!」を参考にして下さい(過去に執筆した記事のため、最新記事を執筆予定)
  • 本アーカイブのライセンスはGPL version 2で、ライセンスが定める諸条件の範囲において個人・法人内部で自由に利用・改変が可能ですが、著作権者不利益に該当するあらゆる行為はライセンスに関係なく禁止とします
  • 正式公開版からPukiWiki1.5.2バージョンアップ対象外です
  • Ver1.0.0からの変更点は次の通り
  • Ver0.4.0からの変更点は次の通り
  • Ver0.4.0およびVer0.4.0aは、しめじ様からのご支援とご要望により開発・公開しました(Ver0.4.0aは公開停止
  • Ver0.3.0からの変更点は次の通り
    • JPEG形式での画像リサイズからWebP形式による画像リサイズに変更することにより、Googleが提唱する「次世代フォーマットでの画像の配信」に完全対応(下記説明画像参照)
    • PukiWiki操作アイコンWebP版を利用することで、PukiWiki完全WebP化が可能
    • 最新のlazysizes.min.js(v5.3.0)を収録
  • Ver0.2.0からの変更点(FacebookのOGP仕様変更対応)は次の通り

PageSpeed Insightsでの従来バージョンと本バージョンの比較説明画像は次の通り。


従来バージョンで私設松本零士博物館「新竹取物語 1000年女王 05巻」ページを計測した結果画像
(3回計測して一番良い値を採用)


本バージョンで私設松本零士博物館「新竹取物語 1000年女王 05巻」ページを計測した結果画像
(3回計測して一番良い値を採用)


本バージョンでのページ計測「次世代フォーマットでの画像の配信」結果(一部)
TwitterFacebookページGoogle AdSense等、サイトで利用している外部サービスの画像だけが引っかかっている状態


従来refプラグインでページに表示していたPDFファイルは、自動的にPDFビューアプラグインで表示される

こちらもおすすめ…

Pocket